ライトワーカーに向いていない職業

トップページ > ライトワーカーが選ぶ職業とは? > ライトワーカーに向いていない職業

避けた方が良い?ライトワーカーに適さない仕事とは

光の仕事人とも呼ばれるライトワーカーは、人を喜ばせる仕事や人を癒す仕事が適職であるとされています。
そのため、そのような仕事に当てはまらないような仕事をする場合には、長く続かない危険性も十分考えられます。
しかし個人差がありますので、全ての人に当てはまるわけではありません。

また、ライトワーカーにも様々な人がいますので、意外な仕事が自分に合っている場合や苦手だと思っていたことが仕事であると割り切ることでスムーズにできるということもあります。
よってライトワーカーに限らず、誰のどのような仕事が合っているというのはすぐに判断できませんが、一人の時間を好むことが多いライトワーカーの場合には、定期的に一人になれるような仕事の方が取り組みやすいかもしれません。

仕事の内容によっては大きなストレスを抱えることも十分考えられますので、負担となるような働き方をするのではなく、自分らしさを維持できる環境で仕事をするのが理想です。
そのためには、自分に合う仕事を探して挑戦する気持ちは大切で、職業の内容だけでなく働くスタイルも含めて研究すると良いでしょう。

ライトワーカーにとっての仕事はとても重要で、孤独で寂しい思いをしている方が多いことを考えますと、働くことで自分の存在価値が見つけ出せることもあります。
合う仕事と合わない仕事があるのは仕方がありませんが、一生懸命働いて努力する姿勢は重要になりますので、すぐ諦めないでやりきる精神を持って行動しましょう。

ライトワーカーに適した職業について

ライトワーカーは人々を心身的に癒すという使命があります。
それを果たすために選ばれる職業としてはセラピストやカウンセラーなどが適しているといわれています。
また、自分が持っているエネルギーを活かした職業としては霊能力による治療を行うヒーラーなども自分の力を活かした職業に選ばれています。
また、地球を救うためにこの世に存在するライトワーカーには人の役に立ちたい、貢献したいという気持ちを強く持っている人もいます。
医師や看護師など人を救う職業についたり、人を育てる教育関係の仕事を選ぶこともあります。
ライトワーカーには感受性が豊かな持ち主であるという特徴もあります。
そのため、その感性を活かした音楽家や画家など芸術家に適している人もいます。聴覚野資格から癒しを与えることができる芸術家もライトワーカーには適しているといわれています。