ライトワーカーの適職とは

トップページ > ライトワーカーが選ぶ職業とは? > ライトワーカーの適職とは

ライトワーカーとして生きていくためには

光の仕事人といわれるライトワーカーは神とのコンタクトが取れるという潜在的な能力を秘めていると言われています。
地球の波動の上昇を導く力があり、神秘的な経験ができる存在です。
しかし、このようなことは目に見えるもではなく、自分自身が覚醒した際に見える世界と見えない世界の架け橋となる役割があるので、他の人から見れば不思議な目で見られることが多くあり、自分の居場所ではないのではと感じる人が多いでしょう。
しかし、ライトワーカーとして上手に生きていくためには、自分の覚醒した能力を活かせる生き方を選ぶことが重要なポイントになります。

ライトワーカーに適した職業について

ライトワーカーは人々を心身的に癒すという使命があります。
それを果たすために選ばれる職業としてはセラピストやカウンセラーなどが適しているといわれています。
また、自分が持っているエネルギーを活かした職業としては霊能力による治療を行うヒーラーなども自分の力を活かした職業に選ばれています。
また、地球を救うためにこの世に存在するライトワーカーには人の役に立ちたい、貢献したいという気持ちを強く持っている人もいます。
医師や看護師など人を救う職業についたり、人を育てる教育関係の仕事を選ぶこともあります。
ライトワーカーには感受性が豊かな持ち主であるという特徴もあります。
そのため、その感性を活かした音楽家や画家など芸術家に適している人もいます。聴覚野資格から癒しを与えることができる芸術家もライトワーカーには適しているといわれています。