ライトワーカーが選ぶ職業とは??

トップページ > ライトワーカーが選ぶ職業とは??

ライトワーカーとはどんな特徴があるのか

ライトワーカーという言葉を聞いたことがある方は少ないかもしれません。
ライトワーカーとは日本語に直訳すると光の仕事人という意味になります。
愛の反対にあたる恐れや不安などから人々を助けるために生まれてきた人々のことを意味しており、その能力は先天性のものが多く、外観的には特徴などが無いので自覚がないという方も多く存在しています。
そのため、見た目ではわかる特徴はないのですが、性格や行動などで幼いころから自分は何かが違うのではないかと感じ、孤独感や疎外感を感じ取ることがあり、さらに幼いころから自分が生まれてきた意味について考えていることがライトワーカーの特徴の一つです。
そのため、見えない世界と見える世界の架け橋のような役割も持っていて、スピルチュアルな世界を人々に伝える役割も担っています。
ただし、それぞれ人によって独自の方法で覚醒することが多いので、異なった表現方法でライトワーカーとしての役割を果たしています。

ライトワーカーとして覚醒すると本領を発揮します

基本的にはライトワーカーは繊細な心を持っていて、幼いころから周囲になじめない感覚がありますが、もともとは人の感情を敏感に察知することができるので、幼いころから変わり者などと周囲からみられるケースがよくあります。
このような不遇な境遇は悲観的に、ネガティブな方面でとらえられがちですが、ライトワーカー自身が自分の使命であることを思い出して、自分自身で覚醒を果たすことができた時は、その役割を果たすべく邁進すると強く変わることができます。

どんな困難にでも立ち向かっていく、指名に向かって真っすぐに突き進んでいけるようになるのです。
覚醒後は人助けをしたいという気持ちが強くなり、権力などを嫌う傾向にあります。
そして、感受性が大変強く、理想主義的な所も見受けられるようになります。
また、幼いころからもそうですが組織などに属することは苦手で、個人で精神的な成長を目指すようになります。

このような内容を見ると日常においてはとても理解しがたい部分もありますが、ライトワーカーの使命は大変特徴的なので、宇宙的な視点から見るととても重要な役割になるのです。
そのため、ライトワーカーはその役割を全うするために自信が波動を高めて、自分の魂を高次元へとレベルアップさせようとしていきます。

ライトワーカーに適した職業とは

自分がライトワーカーとして覚醒した場合、使命を果たすためにはどのような職業が適しているのでしょうか。
ライトワーカーはスピルチュアルな能力を発揮する人が多く存在します。
そのため、人を癒す仕事・職業を好む傾向にあります。

新しく能力を習得するというよりは自分の能力を思い出して活動するという人が多く、カウンセラーや占い師、セラピスト、神職などの職業を好む人が多いようです。
また、一人で活動が可能な芸術家を選ぶ人も多いようです。
作家や画家、音楽家など人々を癒したいという使命感が強い人は芸術家を選ぶケースもあります。
また、地球に対して愛や希望を伝えよう、人々を不安や恐れから助けようという使命感が強いライトワーカーは、この特徴を生かすために教師や講師など人々を導く仕事・職業を選ぶ人もいます。
看護師など人を癒す、助ける仕事を好む人もいます。

このような職業につくことで人々を癒すという指名を果たす人もいます。
また、中には人だけではなく、あらゆる生き物に対して癒していきたいという人の中には動物愛護団体に所属したり、ボランティア活動を行う人も多く存在します。
ライトワーカーは自分の能力を思い出して自信を持ち、魂の目的を受け入れながら自然と交流できる仕事を好みます。