ライトワーカーの光の使命とは

トップページ > ライトワーカーの使命って? > ライトワーカーの光の使命とは

だれかに光を与える存在になるのがライトワーカー?

ライトワーカーは、そもそも自然と誰かの役に立つ、そして仕事としてみるのならば人を助けることを職業とする人がどうやら多いようです。

例えば教師やカウンセラー、医療業界では医者や看護師などです。
自分が過酷な状況にあったり、やろうとすることが金銭面で厳しい状態にあったとしても、迷わず自分を捧げるという行動をするのです。

それはなぜか、「誰かを助けることに繋がる」からです。
ライトワーカーは、この世に生まれた時から「知識・自由・愛」これらの癒しの光を人に伝えて、広めていくことこそが使命と言えるのです。
大きな愛を届けると言っても良いでしょう。
それは、私たちに多くの癒しを与えてくれます。
その癒しは、人から人へ伝染し、結果的に多くの人たちにポジティブなエネルギーが伝わることとなるのです。

大きな愛を届けるためにどんな仕事がある?

この記事を読んで、ひょっとしたら自分はライトワーカーなのかもしれないと思った方もいるかもしれません。
もしくは、あなた自身が「愛を届ける」という使命に気づいた本人かもしれません。

それがわかったら、どこかで気持ちが吹っ切れて今まで以上に人の役に立ちたい、と思うことでしょう。
そんな時には自分のできる範囲のことから始めていきましょう。

例えば、自分が心から面白い!楽しい!と思えることをし、まずは自分自身を喜ばせるのです。
その喜びを周りの人々に伝えていけば、のちのちそれが人々を癒し、大きな愛へと発展していくのです。

また具体的な仕事としては、カウンセラーや医者などのほかにも音楽や芸術で人々を癒す、建築家として快適な空間を提供する、シェフやパティシエになり、人々の舌を喜ばせる、など沢山あります。
まずは、自分自身がそれを楽しんで出来るかが大切なのです。