ライトワーカーと相性の良い相手

トップページ > ライトワーカーの結婚事情とは > ライトワーカーと相性の良い相手

どんな相手がライトワーカーと相性がいいの?

ライトワーカーは相手に尽し過ぎてしまうという特徴があります。奉仕の精神は人間にとって素晴らしいことで、見習いたいことでもあります。
しかし、ライトワーカーが奉仕に満足して、使命を果たした達成感があっても、相手にとってためにならず、相手をダメにしてしまいがちです。
そんな関係性は、過保護な親が子供に干渉しすぎてしまう関係性に似て、相手が成長する機会を奪ってしまい、自立心がないパートナーに依存する相手にさせてしまうことに繋がります。
ライトワーカーが良かれと思ってしてきたことが、良くない結果を招くのはこういったことが原因です。

2人にとって悪い結果にならないためには、できれば相手は魂のレベルが対等な、世話をやく必要がない自立心がある相手が望ましいとされています。
相手が自分の魂のレベルと対等なのかは、付き合ってすぐに分かることではありません。
相手と長い時間過ごしたり、様々な環境を過ごしたりすることで、初めて対等なのかが分かります。
世話をやく必要がない大人な相手なら、ライトワーカーも尽し過ぎてしまうことはないので、重要なポイントです。

今、付き合っている相手や結婚している相手が、条件に当てはまらない場合は、お互いのエネルギーバランスを同じくらいにキープできるように努めてみてください。
ライトワーカーが尽し過ぎてしまわないように、自分が何かしたら、相手にも何かしてもらう関係性が理想です。

尽し過ぎてしまうライトワーカーは、人に役立つ喜びを相手にも味わってもらうように心がけてみましょう。