ライトワーカーの結婚事情とは?

トップページ > ライトワーカーの結婚事情とは?

ライトワーカーの恋愛事情とは?

ライトワーカーは周囲の人が感じている、不安や恐怖を取り除き、光を与えて解放する能力を持っています。そのため別名・光の仕事人と言われています。
多くのライトワーカーは自分をライトワーカーだと自覚するまでに、長い時間がかかったり、他人と違うことで長い間、孤独を感じていたり、悩んでいたりする人が多いと言われています。

他人と違うことは人を悩ませますし、孤独感も増していくので、とにかく目覚めるまでに過酷な人生を歩みやすいと言われています。
そんなライトワーカーの恋愛事情は、どう違うのでしょうか?ライトワーカーならではの恋愛事情を知っておくことで、ひょっとして自分がライトワーカーかもしれない人で、恋愛に悩んでいる人にとっては、役立つことがあるので、参考にしてみてください。

先ほども紹介しましたが、ライトワーカーは人間のマイナスな感情を取り除き、光を与えるだけでなく、愛・平和・自由を人々に伝える使命を持って生まれてきます。
その使命感は、ハッキリと強いもので、自分から望んで生まれてくると言われています。
愛・平和・自由を伝える使命を持っていることから、ライトワーカーの人は奉仕の精神にあふれている人が多くいます。

そのため恋愛事情も自分そっちのけで、奉仕してしまう一面を持っています。
どちらかというと自分の幸せよりも他人の幸せを優先してしまうので、自分の全部をかけても他人を助けようとします。

しかし、そうやって他人を助けても、ライトワーカーとしての使命は果たせたかもしれませんが、何か大切なものを失って孤独感を感じてしまうことになります。
ライトワーカーでない人の違いは、尽し過ぎてしまうという所と言えます。

ライトワーカーの結婚事情は他人とどう違う?

尽し過ぎてしまう特性があるライトワーカーの恋愛でしたが、それを乗り越えた先にある結婚事情について紹介します。
恋愛と結婚では大きな違いがありますが、まず、恋愛事情をおさらいしておきましょう。

上記の恋愛事情でも紹介した通り、相手に尽し過ぎてしまう特性があるので、傷付きやすく、恋愛に臆病になっている人が多いです。
相手の幸せを願うあまり、自分のことは置いておいて、色々していまって、相手のことを思ってした行動なのに、相手に嫌われてしまったなんて経験があるのではないでしょうか?普通の人でも、尽し過ぎてしまうという人はいますが、恋愛事情を振り返って、ライトワーカーの恋愛事情と似ていることが多いならば、あなたはライトワーカーだと言えます。
ここで気付けたなら、恋愛を経て結婚したい願望があるライトワーカーは、結婚生活も失敗せずに済むかもしれません。

恋愛や結婚に臆病になっている原因として、ライトワーカーは相手の考えていることをインスピレーションで分かってしまう能力があります。
この能力は個人差があり、持っている人がいれば、持っていない人もいます。
能力を持っている人は傷付きやすく、相手のことを考えて身を引いてしまうこともあります。

さらに、ライトワーカーは相手と年齢差があっても、相手の性別なども気にしない恋愛観を持っているので、差別意識がほとんどなく、相手そのものを愛することができます。
相手のことを丸ごと愛せてしまうのでは素晴らしいことですが、結婚となると別かもしれません。

それは一般的な感覚の他人から言わせると、結婚は年齢差がありすぎても、性別が同じでも周囲の人からは心配ですし、理解を得られることが難しいからです。
ライトワーカーの恋愛の特徴から考えると、一般的な感覚を持つ人とは違う次元で人を愛しているので、結婚事情も一般人とはかけ離れているということが言えます。

次の項目から、多角的にライトワーカーの結婚事情を見ていくことにしましょう。

違いを知って人生に役立てよう

ライトワーカーでなくて、普通の人間でも他人と違うことに悩むことは当たり前にあります。
みんながみんな同じでないことを分かっていても、どうして自分は他人と同じじゃないんだろうと悩む人は数多く存在しています。
しかし、違って当たり前ということを知っておけば、以前より辛い思いはせずに済みます。

ライトワーカーがいかに恋愛をして、いかに結婚をして幸せになるためには、ライトワーカーの恋愛感情や結婚事情を知っておく必要があります。
知っておけば、知らない時より悩まずに済みますし、冷静に今の自分を分析することができます。

まずは、今までの自分の人生を振り返って、ライトワーカーの特徴にしっくりくるか確認してみましょう。そしてライトワーカーだと思える人は、この情報を恋愛や結婚に生かして、結婚後の幸せな光り輝く人生を送ってみてください。