よくあるご質問

トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問

自分がライトワーカーであると分かった時の対処法は?

それほど貴重な存在ではないライトワーカーは、本人が自覚していないだけであって、多くの人が世の中で生活しています。
よって自分がライトワーカーであると分かった場合でも慌てることはありません。
特別な使命を持って選ばれている可能性が高いライトワーカーは、マイナスに思うようなことは何もありませんので、自分自身が該当した場合でも堂々としていることをおすすめします。

ライトワーカーであることを公表する必要は?

いけないことでも悪いことでもないライトワーカーは、あえて公表する必要もありませんが、無理に隠しておくこともありません。また周囲から指摘された場合にも同じで、自分が言いたくない場合には適当に答えて誤魔化すこともできます。
ライトワーカーであることを公表することで、自分自身の心が軽くなるというメリットもあるようです。話す相手やその場の状況に合わせて対応してみてはいかがでしょう。

仕事をする時にライトワーカーであることを活かす方法は?

細かな点まで配慮できるライトワーカーは、他の人が気づかない点まで良く相手を観察しているなど、細やかな所まで気配りができる良さがあります。そのような面を活かせる仕事をしますと、気配り上手であると評価される傾向にあり、そのことで一層頑張って努力するようになります。
人を喜ばせることが自分の喜びになるライトワーカーは、人と関わる仕事をすることで普段の繊細で敏感な面を活用できます。仕事を選ぶ際にはマイナスな面ばかりを気にするのではなく、様々な角度から物事を把握するようにするとスムーズです。

ライトワーカーは幸せなれるのか?

長い人生の中には楽しい時もありますが、そうでない時期もあります。ライトワーカーだけでなく、そのような紆余曲折を繰り返すことで幸せを手に入れることができますので、ライトワーカーは幸せになれない…という固定概念を持つのは好ましくありません。
少し他の人よりも繊細で傷つきやすい面があるライトワーカーですが、必ず良いことに巡り合って幸せなれますので、初めから悲観的にならずに前向きに考える習慣を持ちましょう。