ライトワーカーの性格

特徴から見るライトワーカーの性格とは

小さいころから孤独感を持ち、自分の本当の居場所を探しています。周りからも浮いた存在だと思われているため、ますます孤独感が増長してしまうのです。

地球外からやってきた彼らは、社会の制度になじめなく、強い反発心を起こしたりもします。動植物に対しては強く尊敬を示し、動物をかわいがったり環境問題にも多くかかわるなど、心根はやさしく感受性が豊かであるため、感情移入をたやすく行ってしまうのです。
理想主義的であり、ともすれば夢見がちで、地に足がついていないこともありますが、本当にこれでいいのか、私にしかできないことがあるのではないだろうか、といつも自問自答しています。

ライトワーカーは選ばれた人間でありながら、その使命をすっかり忘れてしまっていることが多く、その影響ゆえに、強い孤独感や違和感を覚えてしまうのです。

ライトワーカーとして覚醒するには

では、目的を忘れてしまったライトワーカーたちが、本来の使命を思い出し人々を救っていくにはどうしたらいいのでしょうか。

それはまず、自分に自信を持つことです。自分は他人とは違うのだと自覚し、自分への信頼感を回復させることが大事なのです。自分に自信がついてくると、今度はライトワーカーとしての能力に目覚めていきます。

もともと人々を癒すことが使命だと感じているので、その能力が覚醒していくのです。
そしてまず初めに自分を癒すことから始めます。今までの人生で抱えてきた重いカルマから解放されて初めて、光に目覚めるのです。
そして心の底から自分を愛し、相手を許すことによって怒りという壁を壊します。

怒りというマイナスの波動を壊すことにより、より一層光のパワーを感じることができるようになるのです。