ライトワーカーが孤独な理由

なぜ孤独感を味わうのか。

ライトワーカーたちは、幼いころから他人とは違うということを意識しています。
全く違う価値観を持っていることから、他人の好むものや楽しいと思うことが、なかなか理解できません。
そのため表向きは周りに合わせていても、常に孤独感が付きまとうのです。

ライトワーカーは看護師や教師などの専門職、あるいは個人事業主などが多いのですが、それは組織に縛られることを嫌うからなのです。
年功序列や差別などに反抗することが多く、組織の輪を乱すものとして疎まれやすいのです。

ライトワーカーは特に感受性が強く、周りの嫉妬や怒りといった負のエネルギーに敏感に反応してしまいます。
長時間負のエネルギーにさらされていると心身ともに疲れてしまうので、受け止めてしまった負のエネルギーを開放するために、孤独な時間を必要とするのです。

ライトワーカーが常に思うこと。

ライトワーカーは誰かの役に立ちたい、癒してあげたいという気持ちを常に持っています。
それはライトワーカーとして生まれてきた使命だからなのです。

例えば恋愛において、相手の幸せのために自ら身を引く、あるいは、自分が一緒にいたいと思っていても、相手にとってそれがマイナスだと感じたときにも身を引いてしまいます。
それも孤独につながっているのかもしれません。

ライトワーカーは一人の時間を好み、あえて孤独になろうともします。
先述のように、ネガティブな感情やエネルギーを開放するためには、一人の時間がとても大事になってくるのです。