ライトワーカーの意味とは?

ライトワーカーという言葉を聞いたことはありませんか?何かの専門用語のようなイメージがありますが、違います。

日本語に直訳すると、光の仕事人となります。これは、愛の反対の意味を持つ恐れ・不安から、地球の人を救うために自ら選んで生まれてきた人を意味しています。

そんな場合は特殊な能力を持った、神様から選ばれた特別な人のような気がしますが、実際はそうではありません。実際は超能力者でもなく、ライトワーカーは一般の人より、多く転生を繰り返してきていることがあるので、その分多くの経験を持っている魂なのです。

一般の人が経験することができないことをしているため、多くの経験や知識を周囲に教えてくれる存在となります。先生として、親として、親しい友人として、自分の身近にいるかもしれませんし、もしかすると自分自身がライトワーカーなのかもしれません。身近にこんな不思議な感覚を覚える方はいませんか?

例えば、なぜかこの人と一緒に過ごすだけでホッとする、疲れている時にこの人と会うと癒される、一緒にいるだけで優しい気持ちになれる… 自分はインドア派なのに全く正反対のアウトドア派の友達とずっと仲がいい、自分はせっかちな性格なのに、のんびり屋さんの友達とよく遊ぶ、趣味や性格が全く違うのに大親友…なんていう人が周囲にいたら、その人がライトワーカーなのかもしれません。

長くライトワーカーと一緒に過ごす可能性がある人や、自分自身がライトワーカーの可能性があるならば、ライトワーカー自体のことについて詳しく知っておくといいでしょう。

ライトワーカーの特徴とは?

自分の性格や周囲の人の話を聞いて、もしかして自分自身がライトワーカーかもしれないと、考えているならライトワーカーの特徴にいくつか当てはまるかチェックしてみてください。

例えば、物心ついたころから他人と自分は違うと、孤独感やさみしさを抱えている、人と一緒にいるより1人の方がリラックスできる、ソウルメイトやツインソウルと出会ったことがある、生まれた時から権力というものが嫌いで差別などにも敏感な、他人より感受性が強い、他人に感情移入したり共感したりすることが多い…
原因が分からないけれど、体が痛かったり、とても疲れてしまうことがある、神社仏閣の空気が好き、夢見がちな理想主義者、神秘的な体験をしたことがある、衝撃的ニュースだったり、オカルト映画などネガティブだったり攻撃的なことが苦手…
など、他にも項目がありますが、当てはまるものが多ければライトワーカーと判断できます。

ライトワーカーの特徴の中で、ソウルメイトやツインソウルという言葉がありましたが、ソウルメイトは輪廻転生を共にしてきた存在のことです。ツインソウルは元々1つだった魂が2つに分かれて違う人間として生きている、再会することは中々難しい人のことを言います。

特徴を見てみると分かりますが、もともとスピリチュアルな世界に生きているため、物質的なことに意識を向けると不安な気持ちになるところがあります。
ライトワーカー以外の人は、どちらかというと物質的なものにばかり興味を持っているものです。
ライトワーカーである人が、他の物質的なものを目指す人と同じようにすると、不安定になり、本来の自分を見失ってしまいます。
そうすると周囲の人を癒したリ、教えたりするライトワーカーの素晴らしい能力を持っていることも忘れてしまうのです。

ライトワーカーとして何をするべきなのか?

ライトワーカーは今、地球上に16万人ほどいると言われています。ライトワーカーだからといって他人より、人間として優れているということはありません。また、超能力を持っていることもありません。

ライトワーカーが、少し他人と違うのは大切な使命や目的を持って存在しているということです。しかし、何回も転生を繰り返していることで、ライトワーカーのことをすっかり忘れてしまっていることが多いので、使命も忘れているということになります。

そんな忘れ去られているライトワーカーの使命とは、光=愛のエネルギーを地球全体に行きわたらせることで、目に見えない世界と目に見える世界を結ぶ架け橋になることです。
他人と違うことで小さな頃から悩んできたライトワーカーは、過酷な運命をたどってきたかもしれませんが、それは大きな目的を果たすために経験する必要があったのかもしれません。